Quadrifolium's blog

海外赴任サラリーマンの独り言です。

惑惑する

先週の土日に引き続き今週の土日もただ寝ていたら終わった。

一日15時間くらい寝ていたのではないかと思う。

何もする気がしない。読書もしたくないしゲームもしたくないし動画も見たくない。

 

先月投稿した某国際学会の論文が無事にアクセプトされた。よかった。レフリーレポートを見ると最高点をつけてくれている人が何人かいた。

ちゃんと私の仕事を理解してくれる人がどこか遠くに,少なくとも地球上に何人かいるというのは気分がいいものだ。

これは職場の面々とほとんど議論することなく自分一人で発想から実装そして執筆までやったもので,かなりの自信作だったのでこれがリジェクトされたら本当どうしようかと不安でしかたなかった。

基本的に大勢でねちねち議論しながら進めた仕事は醜悪な論文になる。一人で計画から何から進めたものはシンプルできれいな論文になる。なので私はチームで作業するということのメリットを全く感じていない。どうせ相談したところで文献を一番知っているのは私だし。。「チームのおかげで前に進めた」という記憶が全くない。

 

会社員の「仕事がいやだ」「鬱になりました」といった体験談を大量に読んでしまう。みんな苦しんでるのを見て自分はまだましな方だと認識してほっとするのは我ながらどうかと思う。

休職した人は大体「仕事が残業と休出ばかりで疲れ切って病みました」か「人間関係(ブラックな上司)に病みました」の二択だな。

「仕事内容自体が嫌で病みました」という人はほとんど見かけない。

 

今会社で進めているタスクでは,ある課題をどう解決するかというのがテーマだったが,それは既に知られている某手法を使えばきれいに解決できるということが判明してしまったので,研究開発としてはやる価値がなくなってしまった。もっと問題を難しくしないといけないのだが,「どう難しくするとビジネス的に意義があるのか」が決められなくて困惑している。なんというかマッチポンプ。自分で大きなクロスワードパズルを作って自分で解いて「すごいでしょう」とドヤ顔をするのが研究という作業の本質のような気がする。とても空しい。

もっと研究開発とビジネス部門(顧客と仕事をする営業部隊を含む)が密に連携しないといけないんだが,弊社はそれができてない。はぁ。

 

こんなもふもふな世界に逃避したい。

失望 逃げる 風が強い 犬 うさぎ オッズ 貫通 手錠