Quadrifolium's blog

海外赴任サラリーマンの独り言です。

ストレス

今日はお寿司のパックを買ってきて食べた。うまかった。

 

大企業の管理職ってのは本当にリスクを嫌うタイプばっかりで嫌になる。プロジェクトのはじめに綿密な,「これでもか」というくらい細かいスケジュールを立てて,進捗状況を細かく報告させ,少しでも遅れが見られたら「どうやって挽回するんだ!スケジュールを作り直さなきゃならない!」みたいにパニックっぽくなってる。

 

そういう仕事の進め方ではクリエイティブな成果は出せないんだけどね。どうしてわからないのか不思議だ。クリエイティブな思考ができる・クリエイティブな仕事を好む人材というのは有名大学を卒業した「優秀な」人たちの中にも一握りしかいない。彼らは査定が上がるからとか転職に有利だからという理由ではなく自分が本当に好奇心をかきたてられるものに没入して仕事をする。プレッシャーをかけられて締め切りを押し付けられると,逆にやる気をなくして仕事のクオリティと本人のモチベーションが著しく落ちてしまう。だからクリアすべき最低ラインやどうしても重要な締め切りだけ設定して,あとはなるべく自主性に任せるのがいい。特に,一番最初の成果のかけらが出るまでは一番つらい時期だから,なるべく暖かく見守るのがよい。

 

プログラミング言語として今では超メジャーになったPythonも,最初はグイド・ヴァン・ロッサム氏がクリスマス休暇に何か面白いものを作ろうという動機で完全に趣味として作り始めたのが最初だ。ああいう新しいものは「これを作れ」と言われてその通りに作るようなタイプの仕事の仕方で生み出せるものではない。

 

インスピレーションというのは泥臭い努力(先行研究の調査とか)を重ねて重ねて,その上である瞬間にやってくるものだ。それがいつやってくるかは本人にも予想できない。これは笑い話だが,かつてフィルム業界で最大手だったコダックの研究開発部門の壁には,管理部門が貼った「重要な発見は午前中にすませておくように!」という指示が掲示してあったらしい。そんな無茶な指示があるか,という話だ。その後,コダックがデジタル化の波に乗れず倒産したのは周知の事実である。

 

もちろん,仕事内容が決まっているような場合には,こまめな進捗報告をはさみながら進めるのもありかもしれない。たとえばあるプログラミング言語Xで書かれたコードを別のプログラミング言語Yで書き直す,とか,長い文書をチェックして不備がないか確認する,とか。会計事務所が監査でやるような,すでに「正解」が決まっていてひたすらミスがないかチェックする仕事とかね。そういう仕事は,クリエイティブなモチベーションなんて湧かないから,外部からの強制力で無理やり自分を奮い立たせて仕事に向かわせるのもアリかもしれない。ただ,何をアウトプットすればよいかもふわっとしているようなクリエイティブな仕事では,細かい締め切りをたくさん設定しても何の意味もない。その違いがわかっていない人間が研究開発部門の管理職になると,部下も会社も不幸になっていく。

 

個人的な印象だけど,どうも組織で長年粛々と勤めて上にいく人というのは,「上から厳しいノルマを課されると燃えるタイプ」が多いような気がする。つまり,自分で自分の好奇心を駆動して自発的に新しいことにチャレンジするようなタイプではなく,上からかけられたプレッシャーを自分のモチベーションに変換してがんばるタイプだな。やり手の営業マンとかもそんな感じかもしれない。そういう人たちは,ノルマがなくても自ら努力して新しいことをやる人間が,どうしても理解できないようだ。組織としてある程度のまとまりの維持は必要だが,クリエイティビティのない管理職が分をわきまえず管理能力を発揮しすぎるとコダックのようにその組織は凋落するだろう。アメリカが9・11の後,エビデンスもないのに不毛なアフガン戦争に突入してしまったのも,CIAに人材の多様性が欠けていたからという説がある。会社の管理者の言う通りに行動するのではなく時には疑問を投げかけるような人材が組織内には必要だ。それが不要だと思っている人間は,自分の組織運営能力を過信している。つまり思い上がりである。

今日はふにゃふにゃ

昨日はがっつり仕事をした。自分にしては珍しいくらい,TODOリストに沿ってきっちりと効率よくたくさんこなした。疲れた。

で,今日は全然集中力がなくて,びっくりするくらい全然仕事が進まなかった。頭が回らないし,夜にゲームをする気力すらない。

結局,二日間の平均をとるといつも通りの仕事量になってしまう。

何とも言えない気分だ。無理がきかないというか何というか。

若いときは大学の研究室で徹夜で勉強したりもしていたのだが,歳をとったということかなあ。歳をとると体力が落ちるというのはよく言われるし,わかりやすいが,精神力も落ちているような気がする。ここぞという時に短時間(たとえば半日)発揮するような集中力は今も衰えていないのだが,それを持続する力に関しては大きく落ちたような印象。

大学受験のときは丸2日間にわたってくっそ難しい問題を朝から夕方まで解きまくっていたなんて今では信じがたい。どんだけメンタル強いんだよと今では思う。

受験勉強ってのも今思えば平和な営みだったな。与えられた情報をまるっと信じて,正解を導き出せばいいだけだからな。世の中に出て今思うのは,とにかく嘘が多い。世間のいたるところに嘘が溢れていて,それらに騙されないようにするのに必死という感じがする。信頼できる情報や信頼できる人間を見抜く力が,生きていく上で一番大切な気がする。

ネット上の攻撃に備えるためのインターネット・セキュリティの市場規模は,日本だけでも一兆円と言われている(セキュリティサービス市場、21年には9,500億円規模に|SecuAvail NEWS Vol.11|セキュリティ対策のセキュアヴェイル)。また,インターネットを流れる電子メールの8割は迷惑メール・詐欺メールとも言われている(インターネットを流れるメールの8割は「迷惑メール」 - ITmedia エンタープライズ)。つまり,他人を明確な悪意を持って攻撃したり意図的に嘘をばらまいたりする人間が社会にはそれだけ多数潜んでおり,彼らに対処するためのコストが社会全体の足を大きく引っ張っているということだ。自分が学生のときは社会がここまで歪んでいるとは思っていなかった。悪いことをしたら法に罰せられるじゃん,とナイーブに思っていたが,社会に出てみると,ばれないように法の網をかいくぐる方法なんていくらでもあって,そういうのを駆使する人間や組織も当たり前にいた。オリンパス東芝粉飾決算したけど普通に今もつぶれず存続しているし,三菱自動車や日立金属では検査不正がはびこっていたが彼らもふつうに事業は存続しており,つぶれる気配なんてない。平気で嘘をつくような政治家もたくさんいるが,彼らが落選するかと思いきや,普通に次の選挙で当選しており,驚かされる。

正しい情報を前提にして深い考察を行うのが知性だとすれば,嘘を嘘と見抜いて対処するのは広い意味での人間力だと思う。知性だけでは手も足もでない問題が世の中にはたくさんあるのだということは学生のときは本当の意味ではわからなかった。

 

結論:もう社会に疲れたので隠居したいです。

 

以上。

 

農作業

『天穂のサクナヒメ』プレイ中。

農作業が地味にきつい。特に田植えと脱穀は面倒くさい。肥料づくりも適当にやってるだけなのでよくわからん。でも景色がきれいなので見ごたえがある。とくに水面の描写がすごくきれい。さざ波がたってる様子とか,どういうアルゴリズムで実装してるんだろう。波が田んぼの端まで行って,反射されて折り返してくるところまで見える。すごく丁寧にできている。

f:id:Quadrifolium:20210920185544j:plain

f:id:Quadrifolium:20210920185557j:plain

f:id:Quadrifolium:20210920185625j:plain

f:id:Quadrifolium:20210920185635j:plain

f:id:Quadrifolium:20210920185643j:plain

f:id:Quadrifolium:20210920185840j:plain

宣教師のミルテが浮きまくりなんだけどどうして和風RPGに入れようと思ったんだろうな。日本の神様である主人公と外国の神を信じる宣教師の会話なんてシュールすぎる。海外での販売を後押ししたかったのだろうか??

 

仕事は相変わらずやる気でない。

AIでやることって大概は人間にとって子供でもできる簡単なことばっかりだ。

たとえば下記は時系列データに対する異常検知 | データ分析基礎知識 (albert2005.co.jp)からお借りした画像であるが,こういういかにも「異常」っぽいシグナルを「異常」だと判断するだけでも結構高度なAIがいる。

f:id:Quadrifolium:20210920190503p:plain

そういう,答えのわかりきった問題をいっぱいAIに解かせる毎日を送っていると自分の人生って何なんだろうという哲学的な悩みから逃げられなくなる。

自然科学であれば答えがわからない問題を解くから何か結論が得られたときは本当に意味があると思うが,企業が使うようなAIというのは定まった答えに少しでも速くたどり着くための競争をずっとやっている感じがして,とても馬鹿馬鹿しい。

スキル

どこぞの企業の雇われ社長が45歳定年とか急に言い出して物議を醸したようで。呆れた。その発言をした本人を含め,一般に会社の経営層はシニアばっかりなのに自分たちはいつまでも引退しようとせず,若手を搾取しようとするのは闇が深いとしか言いようがない。

 

日本の行く末についていろいろ考えさせられた。

同じことを繰り返すルーチンワーカーの仕事は誰でも代替可能なので低賃金なのは当然で,どんどん新しいことを学んで身につけられる人材こそ高給に値する,という説もあるが,世の中そんなに単純でもない。医者の,特に開業医の一部は,新しい治療法を学ぶでもなく昔の知識をもとにルーチンを繰り返しているだけであって,たまに難しい病気の患者が来たら紹介状を書いて大学病院にポーーイ,である。でも彼らは年収二千万とかだから闇が深い。逆にITエンジニアなどは次から次へとアメリカ発の新技術や新サービスが出てくるので毎日勉強が欠かせないが,納期に追われるブラックな職場が多く,その給料も高いとはとても言えない。

会社にしがみつかない生き方を,とよく言う。そのためには食っていけるだけのスキルを身につけよ,とも言う。しかしこれには少なくとも2つの問題がある。1つは,世の中のたいがいの仕事のスキルはゼロからスタートしても5年も働けば身につくようなもの,という話。「身につけるのが困難で,身についたら本当にそれだけで食っていけるようなスキル」はすんごく少ないし,そういうスキルを必要とする職場もめちゃくちゃ少ないので,求人が少ない。もう1つの問題は,たとえスキルがあってもそれを可視化するのが難しいということだ。仮に営業畑で長いキャリアを歩んできた人が自分の営業スキルに自信を持っていたとしても,それを客観的に他社の人間に証明する手段がない。目に見えるものじゃないし,テストで測定できるものでもない。過去の実績だって嘘かもしれないし。百歩譲って,仮に過去の実績を本人の言そのままに信じたとしても,それが本人の内的な能力によるものかは決してわからない。単にその会社の商材が高く評価されていて客から引く手あまただっただけかもしれないし,本人が美人だから客が寄ってきただけかもしれないしね。

 

それと,45歳定年にまつわる議論の中で,賃金や雇い方をめぐっての話では3つの論点を別々に議論すべきだ。

まず,「年齢とともに賃金は上昇していくべきか否か」。これは正直,今後の衰退していく日本で維持するのは無理なのかなという気がする。同じ仕事内容を続けるのであれば,賃金は大幅には増えない,というのは止むをえないだろう。

次に,「解雇をより容易にして人材市場を流動化させるべきか否か」。これは解雇しやすくする方向にしたい経営者が多いだろうが,私からすると次の二択にするしかないと思う:「いつ首を切られるかわからないが,成果給で平均賃金より高い年俸をもらえる」(野球選手のように),もしくは「雇用が保証されているが賃金はふつう」。今の派遣会社がやってるのは「給料がめちゃくちゃ安くてなおかつ首きり放題」だから,もうどうしようもない。

3つ目は「組織内の格差をどこまで許容するか」。アメリカだと役員が100億円以上も報酬をもらう一方で一般社員は低賃金だったりする。日本だと,会社にもよるが大企業でも社長の年俸はせいぜい数億円。そのくらいのままであってほしいというのが私の願いだ。どんなに社長が優秀な経営者であっても100億円なんて正直,許せんわ。だって普段の業務を全部実行して,商材なりサービスを作って顧客に提供してるのは下々の社員たちだからね。

 

日本企業に絶望した優秀な知り合いたちは外資系企業に転職して高給をもらっている。彼らが何をやってるかというと,日系企業つぶし。つまり日系企業から客をもぎとっていく。彼ら自身も日本人だから,外国人の犬になって働くのは内心思うところもきっとあるはずなのだが,それ以上に金銭的インセンティブや働き方のミスマッチが大きいのだろう。日本人が日系企業を苦しめているのを見るのは正直嫌な気持ちだ。共食いを見ているようだ。

 

今日はまとまりのない文章になってしまった。

日曜の午後は憂鬱になる

AIに仕事をさせるシミュレータを作って遊んでみた。

 

まず,いろいろな仕事を短期間で次々に経験させたところ,あまり成長しなかった。

そこで反省して,それなりの一定期間同じ仕事をさせてから切り替えていくというゆるやかなジョブローテーションを導入したところ,かなり成長した。

それでも限界があったので,今度は「多様性が大事」という最近の謎の社会風潮を鑑み,複数の異なるAIを導入して協調させてみた。しかし意外とこれは全然成長につながらなかった。

それぞれのAIが学んだことをお互いに共有する仕組みにしてあり,こうした方が幅広い経験を積めるので成長につながると思ったのだが,そう単純ではなかったようだ。

そこで記憶の共有を抑制したところ,それぞれのAIの経験が異なるぶん多様性が促進され,まあまあいい感じのAIが成長するようになってきた。

しかしリソースには限りがあるので,複数のAIを育てようとすると各々にかけられるリソースはその分減ってしまい,成長には限界がある。

そこで,最初の一定期間は上記の仕組みで平等に育成し,ある程度スキルが伸びたところで有望なAIをピックアップしてリソースを集中させると,非常に良いAIが育つようになった。

と,ここまでの結果が出てうれしくなってニヤニヤしていたのだが,よく考えると企業の人事制度に妙に似ているような気がしてきた。

自分の嫌いなものを自分で作ってしまったことに対して非常に強い嫌悪感を感じた。

 

以上。

母国語

データサイエンティスト関連の資格試験がぞろぞろと新しくできたらしい。

データサイエンスの基盤となる数学スキルを認定する新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」 資格試験の公式問題集を日経BPから9/6に発行 | 公益財団法人 日本数学検定協会 (su-gaku.net)

データサイエンティスト検定™ リテラシーレベル | 一般社団法人 データサイエンティスト協会 (datascientist.or.jp)

ゴールドラッシュで一番儲かったのはつるはし屋,というジョークがあるが,上のような試験も資格ビジネスのにおいがプンプンする。ブームのうちに一儲けするつもりだろう・・・それにしてはブームに乗るのが遅すぎるような気もするが。

資格試験なんて大層なものがなくても,Pythonでちゃちゃっとデータ分析をさせてみたらその人の実力なんてすぐわかるものだけどね。

 

日本本社とアメリカとで仕事の仕方が異なり,その間に立たされてあちらを立てればこちらが立たずな状況になって苦しい毎日を送っている。本当に苦しい。生きるというのはここまで苦しいのか,と思う。私はいずれ日本に帰る人間なのだから,たとえアメリカ側の人たちに嫌われたとしても日本側を優先する方向で行こう,と決めたのだが,それでもやはり摩擦というものは心にこたえる。

 

ここ最近はJ-POPを聞きながら仕事をしている。

JPOP 最新曲ランキング 邦楽 2020 Official髭男dism,米津玄師,あいみょん,YOASOBI,宇多田ヒカル,King Gnu,GReeeeN,菅田将暉 ⭐💙🚀12 - YouTube

とかね。とくにヒゲダンがいい感じ。あとYOASOBIとか。

日本で働いていたときは歌を聴きながら仕事したことなんてほとんどなかったんだけど。今は日本語に飢えているので。

母国語の歌というのは歌詞とか関係なく心にダイレクトに染み込んでくるのがすごい。気がついたら泣いていた。歌詞がどうとかいう次元ではなく,言葉の響きというか発音自体が良い。

逆に英語の歌を聞いてても全然心に響かない。

母国語は大切だ。

こうちゃ

発見が最も難しい「暗黒の臓器」すい臓がんを劇的に見つけやすくする"あの飲み物" なんと5年生存率が30%→50% | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

午後の紅茶はすごいね。

医学はまだまだ進歩の余地がありそうで希望が持てる。

がんと言えば東芝が血液一滴でも13種類のがんのいずれかにかかっているか判定できる装置を数年前に公開していたが,

血液1滴でがん検査 東芝、21年にもキット実用化: 日本経済新聞 (nikkei.com)

21年ということは今年ついに実用化されるのだろうか??

 

線虫を利用したがん検査も実用化されている。

尿1滴でわかる!線虫がん検査「N-NOSE」

ただ,こちらは

がん患者を「がん」と判定する確率(感度)は86.3%となっています。健常者を「がんではない」と判定する確率(特異度)は90.8%となっています。 (日本がん予防学会(2019年6月)、日本人間ドック学会(2019年7月)、日本がん検診・診断学会(2019年8月)で共同研究機関が発表したデータを集計)

と書いてあるので,「がんではないのにこの検査で陽性と判定される確率」が約9%ある。うーん,「陽性ということは自分はがんなのだ」と焦って色々な全身の検査を受けまくってもがんが見つからず不安になる人がそれだけいるかもしれないとすると,ちょっと悩ましい話だ。疑心暗鬼になってしまう。