Quadrifolium's blog

海外赴任サラリーマンの独り言です。

US note

財布に入った20ドル札を見ていて,ふとサインが入っているのに気がついた。いくつかの20ドル札で見比べるとサインが違っているので,誰かが手書きのいたずらをしたのかなと最初思ったが,よくよく調べるとちゃんとしたサインだということがわかった。

20 American Dollars banknote - Exchange yours for cash today

紙幣にはこのように左下にアメリカ合衆国の財務官の署名が,右下には財務長官の署名が入っている。そのときどきで財務官と財務長官は変わるので,札ごとにサインが違うことも起こりうる。

こうした役職に就いた人は,紙幣に印刷されるサインを造幣局に提出する前に頑張って練習をするそうである。以前,ルー財務長官という,とてもサインがへたな人がいたらしい

上の署名の,一番上のやつなんてただの落書きにしか見えない。オバマ大統領らにからかわれていたそうで,練習した結果,徐々にうまく(?)なったようだ。

なお20ドル札の肖像は遠くない未来にタブマンという黒人女性(奴隷解放に尽力した)に変えられる予定だという。この計画は最初オバマ政権時に立ち上げられたものの,トランプ政権で凍結されていたものがバイデン政権になってから再開された。

ハリエット・タブマン - ハリエット・タブマンの概要 - Weblio辞書